【堤防釣りルアー入門】初心者のために「ルアー釣りの始め方」徹底解説

堤防ルアー釣り2

釣り初心者の人が、堤防でルアー釣りを楽しむためには、それなりの知識が必要です。
知識といっても簡単なことばかりなので心配は要りません。

ここでは釣り初心者が、堤防でルアー釣りを楽しむための基本について解説していきます。

これを読んだら、堤防でルアー釣りを楽しんで下さい。

堤防(防波堤)釣りでのルアーについて

※この動画では、堤防ルアー釣りの基本的な釣り方について解説しています。

堤防は、いろいろな魚が釣れる釣り場で、中でもアジやイワシなどの小型の回遊魚やカサゴやメバルなどの根魚は、人気のターゲットになっています。

多くの釣人は、サビキ釣りやウキサビキ釣りなどの仕掛けで楽しんでいますが、近年はルアーを使用するルアー釣りが人気になっています。

堤防でのルアー釣りは、初心者の人でも手軽に始めることができる釣りですが、ルアー釣りの基本について知っていないとトラブルが起きることもあるので、ぜひ最後まで読んでください。

堤防ルアー釣りと言っても、アジやメバルなど比較的小型の魚をターゲットにするライトルアー釣りと、中型のブリやヒラメなどを狙うライトショアジギングショアジギングと呼ばれるルアー釣りがあります。

ルアー釣りとは?

堤防ルアー釣りのルアー

ルアー釣りというのは、エサの代わりにルアー(疑似餌)という魚やエビ、ワーム(ムシ)などに似せて作られたものを使って魚を釣る方法です。ルアー釣りで狙える魚は、小魚やエビなどをエサにしているフィッシュイーターと呼ばれる魚で、代表的な魚はアジやサバなどの回遊魚、ヒラメなどのフラットフィッシュ、あとメバルやカサゴなどのロックフィシュとさまざまな魚種を狙うことができます。

ルアー釣りは、エサ釣りのようにただ待っているだけでは魚は釣れません。魚をルアーに食いつかせるためには、ルアーが生きた小魚やエビなどに見えるようアクション(動き)を加えて、魚にアピールして捕食を誘います。

堤防ルアー釣りで釣れる魚と釣り方

堤防ルアー釣りで狙える魚は、アジなどの小型の回遊魚やカサゴ、メバルなどの根魚、ルアー釣りの人気ターゲットのシーバス、サーフルアー釣りでも狙えるヒラメ、青物と呼ばれるブリなど大型の回遊魚といろいろな魚を狙うことができます。
また、黒ダイやアオリイカのような人気のターゲットも狙うことができます。

ここからは、堤防ルアー釣りとつれる魚について紹介していきましょう。

アジを狙うルアー釣りアジング

アジは海釣りで釣れる魚の中でも一番釣れやすい魚です。堤防でアジを狙う釣りの方法では数釣りが狙えるサビキ釣りが人気ですが、最近ではワームなどのルアーでアジを釣るアジングと呼ばれるルアー釣りが流行しています。大手の釣具店ではアジング専用のコーナーが設けられるほどの人気です

アジングの人気の理由は、「魚との繊細な駆け引きが楽しめる」というゲーム性が高いというところではないでしょうか。

アジングの釣り方

アジングとは、その名の通りアジをターゲットにして、ワームやプラグなどのルアーを用いて釣る方法のことです。ご存知のように、アジは全国の海で狙うことできるうえに美味しい魚なので、人気のターゲットになっています。
防波堤でのアジ釣りとしては、数が狙えるサビキ釣りが主流ですが、近年ではルアーを使ってアジ釣りを楽しむアジングが人気になっています。

アジングの時期

アジは1年を通じて釣れる魚ですが、季節によって釣れ方に違いがあるのでしょうか?


春はアジにとって産卵前の体力を蓄える季節になり、捕食活動が活発で大型のアジを狙うことができます。しかし、産卵期に入ってしまうとほとんど反応しなくなるので、その難易度が上がってしまいます。春は、アジングでの釣果に大きな差がでる季節になります。


夏になると小型のアジが多くなりますが、活性が高くなるので数釣りが狙える季節になります。日中は、豆アジと呼ばれる10~12cmのアジを狙ったサビキ釣りを家族で楽しむ人も多く、アジングを楽しむ人は少なくなります。夏のアジングは夜釣りのほうが楽しめるということになります。


になるとアジングのベストシーズンに入ります。アジのエサとなるイワシなどの小魚が海岸付近に寄ってくるので、夏よりも大型のアジが期待できます。アジは比較的に口が小さいので、大型のアジを狙うときでも大きすぎるルアーはおすすめできません。状況を見て少しずつサイズを上げて見るようにしましょう。この時期になると、30cmオーバーのアジが釣れることもあります。


冬になるとエサとなる小魚の数が減るために、アジも活発に捕食行動を摂ることはないようです。しかし、冬に釣れるアジは型が大きく、脂も乗っていてとても美味しいといわれています。アジング上級者の人は、あえて冬にアジングを楽しむという人もいるようです。

アジングのタックル

アジングでは、ヒラメや青物を狙うルアーに比べ比較的に小さなルアーを使用します。タックル全体がコンパクトなライトタックルになっているので、男性だけでなく女性や子供でも楽しむことができます。

タックル(おすすめ)
ロッド:アジング用7ft前後
リール:スピニングリール1000~2000番
ライン:PE・エステル 0.3号  フロロ0.5号
ラインがPE・エステルの場合はショックリーダーが必要になります。

ルアー
ジグヘッドとワームを組み合わせたジグヘッド単体と呼ばれるルアーを使用します。
ワーム:1.5~3インチ程度で、食い込みを考えて柔らかい素材のものが主流です。使用するワームは、ピンテールやシャッドテール、カーリーテールなどさまざまなものを使用してアジにアピールします。また、ワームのカラーもいろいろ変えてみて、その場の状況に合ったカラーを見つけるようにします。
ジグヘッド:アジングで使用するジグヘッドは、重さや形状によって別れています。形状は丸型と矢じり型があり、重さは0.3~5.0gくらいまでがあるので、風や波、潮の流れなど状況に応じて選ぶようにします。

アジングのタックルやルアーアクションなどの詳細についてはこちらのページで詳しく紹介していますので参考にしてください。

おすすめのアジングルアーについてはこちら。

メバルを狙うルアー釣りメバリング

アジと同様に人気のターゲットがメバルです。メバルのルアー釣りはメバリングと呼ばれ、アジングとともに人気の釣りになっています。メバルは磯の魚というイメージがありますが、小型のメバルは堤防でも釣ることができ、堤防ルアー釣りのターゲットとしては人気の魚になっています。

メバリングはアジングと同じで、繊細なタックルを使用するライトゲームの代表的な釣りといえます。

メバリングの釣り方

メバリングとは、海釣りで人気ターゲットのメバルをワームやプラグなどのルアーを使用して釣る方法のことです。メバルは防波堤付近や磯で狙うことができるロックフィッシュで、食べてもとても美味しい魚なのでメバリングは人気の釣りになっています。

メバリングの時期

メバルは1年を通じて釣ることができる魚ですが、成長の過程や食べているエサによって釣れる時期や大型を狙うことができる時期が違います。ここでは季節によって変わるメバルの反応について紹介します。


メバルのことを春告魚というように、産卵を終えた春はメバルにとってのハイシーズンになります。水温が上がるとともに活動も活発になり、小魚を追って浅場に入ってきた大型のメバルを狙えるシーズンになるのです。天候も良い3月から5月ころまでが最も釣りやすいメバリングの時期といえます。


夏は水温が高くなるため、メバルにとっても苦手な季節になります。日中にメバリングでメバルを釣ることは難しくなるので、この季節のメバリングはナイトゲームで楽しむことがおすすめです。春に十分に栄養を蓄えた大型のメバルは、この時期になると水温の安定している深場へと移動するために、大型のメバルを釣ることは困難になります。しかし、地域によってはエサとなる小魚の接岸などで、夏がベストシーズンになるところもあるようです。


10月の後半ごろになると海水温も下がって、メバルにとっても過ごしやすい環境になってきます。こうなってくるとメバリングのルアーへの反応も上がってきます。これからが本番という状況になってきます。


12月になるとメバルが産卵期時期を迎えるので、浅瀬の藻場にも大型のメバルが入ってくるようになり、春についでのハイシーズンになります。この時期はメバリングで良型を釣ることができるチャンスですが、資源を保護するために抱卵しているメバルはリリースしてあげるようにしましょう。1月を過ぎて産卵を終えたメバルは、体力不足と水温低下のために活性が下がり、ルアーへの反応が落ちてしまいます。

メバリングのタックル

メバリングのタックルは、釣り場の状況によって違いますが、ここでは一般的なメバリングタックルについて紹介します。

ックル(おすすめ)
ロッド:6~8ft 硬さはウルトラライトからミディアムライトの範囲がいいでしょう。
リール:スピニングリール2000番程度
ライン:PE 0.3号 150m または フロロカーボン 3bl 150m
ラインがPEラインの場合はショックリーダーが必要になります。

ルアー
メバリングで使用するルアーは、ジグヘッドワーム、ミノー系プラグ、トップウォータープラグ、ボトムプラグなどになります。
ワーム:2インチ程度で、食い込みを考えて柔らかい素材のものが主流です。
使用するワームは、ピンテールやシャッドテール、カーリーテールなどさまざまなものを使用してメバルにアピールします。また、ワームのカラーもいろいろ変えてみて、その場の状況に合ったカラーを見つけるようにしましょう。
ジグヘッド:メバリングで使用するジグヘッドは、重さは1~2gくらいのものがいいでしょう。メバリングではジグヘッドワームのほかにプラグと呼ばれるルアーを使用します。
プラグは形状やリトリーブしたときの泳ぎ方によっていくつかの種類に別けることができます。

メバリングのルアーとアクションについてはこちらのページで詳しく紹介していますので参考にしてください。

シーバス(スズキ)を狙うルアー釣り

シーバスは海のルアー釣りの代表的なターゲットです。シーバスを狙える場所は、堤防、磯、サーフ、河口、河川をたくさんありますが、近年注目を浴びているのが沖堤防でのシーバス釣りです。

沖堤防には、シーバスのエサとなる貝や小魚がたくさん生息しているので、シーバスも多く居着いています。初心者の人でシーバス釣りの醍醐味を体験したいのでしたら、沖堤防がおすすめのポイントになります。

シーバスルアー釣りの釣り方

シーバスを狙える時期

シーバスは基本的には1年を通して狙うことができる魚です。そうはいっても、冬になると沖の方に移動するので少し釣れにくくなります。なので、シーバス釣りは時期によって釣果が変わります。


春のシーバスは、冬の産卵で使った体力を回復するために捕食活動が活発な時期です。また、さまざまな魚が生まれる時期なので、シーバスにとってエサとなる小魚が豊富なシーズンでもあります。さらに、春の満月の夜にはバチ抜けが起こり、このバチをエサとしているシーバスにとっては、夢のような時期ともいえるのです。
(※バチ抜けとは、海底の砂の中に生息している青イソメやイトメ、ゴカイ類などが、春の満月の日に産卵のために砂の中から這い出て水中に浮遊し流れること)


夏のシーバスは、イワシやサヨリなどのベイトをエサにしています。小魚は日中に活動しているので、この時期のシーバス釣りはデイゲームがおすすめです。また、シーバスは荒れた海を好むこともあって、台風の後などを狙ってみるのも良いでしょう。夏はシーバスの美味しい時期でもあります。癖のないきれいな白身魚でマダイやヒラメなどと同様、とても美味しい魚です。


秋はシーバスが最も活発に活動する時期です。人間の世界でも食欲の秋といいますが、シーバスの場合は秋の荒食いといって捕食活動が活発になるシーズンなのです。秋にはエサになるベイトも豊富な時期で、10~11月にかけては冬の産卵に備えるために体力を蓄える時期になります


冬はシーバスの産卵のシーズンです。産卵と越冬を迎えるシーバスは、沖の水温が安定している深場へと移動するため、釣れにくいシーズンといえます。しかしまったく釣れないということではなく、水深がある港湾や沖堤、発電所などの温排水が出ているところなど、シーバスが生息する条件が揃えば狙うことが可能です。

シーバス釣りタックル

ックル(おすすめ)
ロッド:シーバスロッド7~13ft ML、M
リール:スピニングリール2500~3500番程度
ライン:PE 0.8~1.5号 200m または ナイロン 8~16lb 200m
ショックリーダー:フロロカーボン 16~20lb 1.5~2.0m
ラインがPEラインの場合はショックリーダーが必要になります。

ルアー
シーバスは、どのルアーでも狙うことができますが、状況に応じて使い分ける必要があります。

青物を狙うルアー釣りショアジギング

堤防で狙える青物は、イワシ、サバ、イナダなどですが、中でもよくターゲットになるのがブリの幼魚のイナダです。青物は、釣れたときのパワーが驚くほどパワフルで、釣り人を楽しませてくれます。

青物は回遊魚で、エサになるベイトフィッシュが岸によってくると、それを追いかけて堤防付近まで入ってくるので、堤防からのルアー釣りでも釣ることができるようになります。

釣り方はジギングと呼ばれる方法で、ジグというルアーを遠くまでキャストした後、ただ巻きやアクションを加えてターゲットに食いつかせるという方法です。

ショアジギングの釣り方

ショアジギングで青物を狙える時期

岸辺からルアーを投げてするジギングをショアジギングといいます。堤防から青物を狙うルアー釣りでは、ほとんど場合メタルジグを使うジギングという釣り方になります。

青物を狙ったルアー釣りは1年を通じて楽しむことができますが、ベストシーズンといえるのは初夏~晩秋にかけての回遊魚が接岸する時期なります。しかし、青物といってもいろいろな魚がいますので、狙う魚を絞ることで春や冬でも楽しむことができる釣りです。


春先はまだ水温も低いために魚の活性も低い状態ですが、4~5月ころになると水温も徐々に暖かくなり、魚の活性も上がってきます。この頃になると青物がエサにしている小魚が回遊して岸辺に寄って来るので、それを追ってサワラやブリなどの青物が接岸することもあります。


夏になると水温も上昇し、回遊しているベイトフィッシュが接岸する時期になります。また、それを追って様々な魚種の魚が岸辺に寄って来るので、堤防でのルアー釣りに適したシーズンになります。


秋になると他の釣りも絶頂期になりますが、ショアジギングでもまさに最盛期といえる時期になります。春に生まれた魚が成長して、産卵や越冬のために接岸するので、それをエサにしているフィッシュイーターの捕食活動が最も盛んになるシーズンです。イナダやワラサからブリなどの大物も狙える季節になります。


冬になると水温が下がるために、小魚とともに青物も沖の深場へと落ちていくために、ショアジギングで青物を狙うことは困難な季節になります。

ショアジギングタックル

タックル(おすすめ)
ロッド:ショアジギング用 9ft前後
リール:スピニングリール4000~5000番程度
ライン:PE 1~2号 200m または フロロまたはナイロン 16~40lb 200m
ラインがPEラインの場合はショックリーダーが必要になります。

ルアー
メタルジグ:30~60g

ショアジギングのタックルについてはこちらのページで紹介していますので参考にしてください。

また、ショアジギングの釣り方についてはこちらのページで紹介しています。

アオリイカを狙うルアー釣りエギング

アオリイカだけでなく、さまざまなイカを狙うことができルアー釣りがエギングと呼ばれている釣りです。ゲーム性も高く手軽にできることから、最近では女性の人にも人気の釣りです。

エギングは、エギといわれるエビのような形状をしたものにカンナ針がついた日本古来のものです。アオリイカは食べても美味しいので、シーズンになるとたくさんの釣り人で堤防を賑わいます。

エギングの釣り方

堤防ルアー釣り・アオリイカ1

エギングでアオリイカを狙える時期

アオリイカのシーズンは、一般的には春と秋といわれていますが、地域によっては一年を通して狙うことができる所もあります。


春は、アオリイカの産卵の時期で、産卵場所は岸に近い藻場などになるので岸に近づいてきます。そのために、春に釣れるアオリイカは親イカで、大型が揃うことが特徴です。釣りやすい小型のイカはいないので、数狙いではなく、大型を狙う時期といえます。


イカは生まれてから一年で死んでしまう年魚のため、春に産卵を終えたイカは死んでしまいます。それに、生まれたばかりの子イカは、小さすぎて釣ることができません。なので、夏は多くの地域でエギングのオフシーズンになります。


秋は春に生まれた子イカの数釣りが期待できる時期になります。小さな子イカは、成長するために活発にエサを捕食するので、エギへの反応も良いのが特徴です。秋のシーズンが始まるのは8月のお盆過ぎくらいからで、11月いっぱい頃まで楽しむことができます。


アオリイカは低水温を嫌うので、12月をすぎると水温が安定する深場へと移動するため、岸からのエギングは困難になります。しかし、黒潮などの暖流があたる地域では、冬でも水温が20度近くに保たれるので、エギングを楽しめるところもあります。

エギングタックル

タックル(おすすめ)
ロッド:エギングロッド 8.6ft前後 M(ミディアム)
リール:スピニングリール2000~3000番
ライン:PE 0.5~1.2号 150~200m

ルアー
エギ:エギの種類は、形状やカラーのほか攻めるタナによって、シャロー、ノーマル、ディープの3つが基本とされていますが、まずはノーマルの3.5号を基準として状況に応じて変えていくのが良いでしょう。

エギングのタックルとエギについてはこちらのページを御覧ください。

また、エギのアクションについてはこちらのページで紹介しています。

ロックフィッシュ(根魚)を狙うルアー釣り

堤防ルアー釣りで狙えるロックフィッシュには、カサゴ、メバル、ソイ、アイナメ、ハタなどがいます。

ロックフィッシュというくらいで、どの魚種も大型を狙うには磯場で釣ることが必要ですが、堤防などの釣り場では小型のカサゴやメバルなどを狙うライトゲームを楽むことができます。

ロックフィッシュのルアー釣りでは、いろいろなルアーで対象魚にアタックすることができ、自分で釣り方を考えるという楽しみ方もあります。

ロックフィッシュルアー釣りの釣り方

ルアー釣りでロックフィッシュを狙える時期

ロックフィッシュにはカサゴ、メバル、ソイ、アイナメ、ハタなどとさまざまな魚がいます。なので、ロックフィッシュを狙った釣りは1年を通して楽しむことができます。ただ、狙う魚種によって多少傾向が違うので、ここでは主な魚種についてそれらを解説しておきます。

カサゴ(ガシラ)

カサゴ
カサゴは、水温が下がり始めると沖から接岸してきます。そのために秋、冬、春がカサゴのメインシーズンになります。カサゴは冬に産卵を迎える魚で、その時期になると産卵場所を求めて浅瀬に接岸してきます。

ソイ

ソイ
ソイはカサゴの仲間で、全国で狙えるロックフィッシュです。ソイにはクロソイ、シマゾイ、マゾイ、ベッコウゾイなど地域によって魚種が異なります。大型のソイを狙うためには、産卵のために大型のソイが接岸する3~6月のシーズンがベストです。中には50センチを超える超大型のソイを狙うこともできます。

アイナメ

アイナメ
アイナメの一般的な釣り方は、ゴカイやイソメを餌にしてブラクリ仕掛けを使った釣り方ですが、ルアーに対しても好反応をしてくれるので、ジグヘッドやテキサスリグなどのルアーで狙うことができます。普段アイナメがエサとして捕食しているのは、甲殻類や、イソメ、小魚なのでそれに合わせたワームを使った釣り方が釣果を上げるコツになります。

キジハタ(アコウ)

キジハタ
キジハタは、他のロックフィッシュに比べ温かい水を好む魚です。
春が終わる頃から秋が始まる時期までがキジハタを狙えるシーズンですが、最も釣れる時期は夏になります。キジハタは夏が産卵期で、この時期になると深場に生息しているオスが産卵行動のために接岸するので、魚の数が増えて釣りやすいということになるのです。

ロックフィッシュルアー釣りタックル

タックル(おすすめ)
ロッド:ロックフィッシュロッド 7ft前後
リール:スピニングリール1000~1500番前後
ライン:ナイロン 4lb 100~150m

ルアー
ジグヘッドワーム:2g前後のジグヘッド+ワーム
小型のメタルジグ
小型のミノー

堤防ルアー釣りの基本的なタックル

堤防ルアー釣りで使用するタックルは狙う魚によってさまざまな仕様のものがありますが、ここでは基本的なタックルについて紹介しておきましょう。

ルアーロッド

ルアー釣りで使用する竿のことをロッドといいますが、仕様の表記はエサ釣りで使う磯竿や投げ竿などの仕様の表記とは違います。

ロッドの長さ

磯竿や投げ竿などの仕様は、m(メートル)やcm(センチメートル)で表記されていますが、ルアー釣りで使うロッドは、主にft(フィート)とinch(インチ)で表記されています。

  • 1ft=約30cm
  • 1inch=約2.5cm

となります。
(※ 12inch=1ft で 10inch≠1ft なので注意!)

ロッドパワー(竿の調子と硬さ)

ロッドパワーというのは、ロッドが曲がるときの硬さをいいます。
狙う魚に合ったパワーのロッドを選ぶことが大切です。

ロッドパワーを表す記号は、ロッドの調子の英語の頭文字で表します。

ロッドパワー
ウルトラライト UL
ライト L
ミディアムライト ML
ミディアム M
ミディアムヘヴィー MH
ヘヴィー H
エクストラヘビー XH・EXH
  • UL(ライトタックル):3g以下の小型(軽量)のルアーを扱うのに適しています。
  • L(ライト):5~10g前後の軽めのルアーを扱うのに適しています。
  • ML(ミディアムタックル):MLとLの中間の硬さで、4~20g程度と幅広いルアーに対応することができます。
  • M(ミィディアム):いろいろある硬さの中の中間に位置する硬さで、4~10g程度の小型のルアーから20g前後のルアーまで扱うことができる、ルアー釣りの万能竿的なロッドです。
  • MH(ミディアムヘビー):Mと同様7g前後の軽量ルアーから30g程度のヘビールアーまで扱うことができます。
  • H(ヘビー):10~30g程度のルアーまで扱えるロッドで、大型魚を狙うときなどに適しています。
  • XH(エクストラヘビー):大型の根魚などを一気に引き抜ける強力なバットパワーを持ったロッドです。その破壊的なパワーから怪魚ハンター御用達のロッドです。

堤防ルアー釣りで使用するロッド

堤防ルアー釣りで使用するロッドは、

  • 長さ:7~10ft程度
  • ロッドパワー:L~MH程度

のロッドを使います。

初心者の人には、万能的に使えるエギングロッドがおすすめです。

エギングロッドをおすすめする3つの理由

  1. 軽量である:エギングでは常に大きくシャクる動作を繰り返します。
    そのために、ロッド自体を軽量にして疲れを軽減するように設計されている。
  2. 適した長さ:エギングロッドは8~9ftのモデルが多く、堤防ルアー釣りに適した長さでさまざまな魚種を狙うことができる。
  3. 幅広いルアーの重さに適応:エギングロッド、幅広いルアーの重さに適用できるのが特徴です。
    本来の目的がシャクリを続ける釣りのために、張りが強いタイプのものが多く、ルアーアクションを加えやすいというメリットがある。

このようにエギングロッドは、堤防ルアー釣りに適しているので、これからタックルを購入するという人は、選ぶときの参考にしてください。

リール

リールは、基本的にロッドの仕様に合ったものを使用します。ここでは、堤防ルアー釣りでよく使用されるロッドに適合したリールとラインについて紹介しておきましょう。

ロッドと適合ルアー

ロッド シマノ(番) ダイワ(番)
ライトゲーム
ロッド
1000
2000
1500
2000
シーバス
ロッドL
2000
2500
3000
2000
2500
シーバス
ロッドML
2500
3000
4000
2500
3000
エギング
ロッド
2500
3000
1500
2000
ショアジギング
ロッドM
4000 3000

堤防ルアー釣りでは、主に2000~3000番のリールを使用するのが一般的です。

さて、基本的なタックルについての説明したところで、釣れる魚について紹介しましょう。

堤防ルアー釣りで使用するルアーの種類

メタルバイブアイナメ1

これまで紹介したとおり、堤防ルアー釣りと言っても狙う魚種によってさまざまな釣り方があります。その釣り方に伴って使用するルアーの種類もさまざまなものがあります。

一般的に使用されるルアーは、ソフトルアーとハードルアーの2種類があります。それぞれについて説明していきましょう。

ソフトルアーの種類

ソフトルアーは、ワームと呼ばれる柔らかい樹脂やゴム素材でできているもので、ミミズや昆虫などに似せて作られています。海釣りで使用するワームは、ベイトフィッシュやエビ、海中に住む虫などに似せて作ってあり、主にシンカー(オモリ)と組み合わせて使います。

ワームボディの形状と特徴

ワームはその形状によって動き方が違います。海のルアー釣りで使用されるワームの全体的な形状には、ストレート系、グラブ系、クロー系があります。またそれぞれテールの形状には、シャッドテール、カーリーテール、ピンテール、パドルテールなどがあります。それぞれの形状の特徴について説明しましょう。

ストレート系

ワームストレート系

全体的に真っ直ぐな形状のワームで、ゴカイなどといった虫エサや細身のベイトを意識したシンプルな形になっています。
柔らかい素材のものは、水中でふわふわと揺れるような動きで誘う釣り方に向いています。一方、硬めのワームはトィッチングなどイレギュラーなアクションで条件反射的な捕食を誘う釣り方に向いています。

グラブ系

ワームグラブ系

ボディの部分がイモムシのように太くなった形をしていて、はっきりしているシルエットでその存在感をアピールします。
テールの形状は、カーリーテールやシャッドテールといった、泳がせるとテールの部分が動くタイプのものが多くあります。

クロー系

そのシルエットがカニやエビなどの甲殻類を意識した形状になっているワームです。ソイやカサゴなどのロックフィッシュを狙うときに効果的なワームです。
テキサスリグと呼ばれる方式の仕掛けと組み合わせて使うのが一般的で、泳がせるとハサミなどの部分がゆらゆらと動いて魚の捕食を誘います。

ワームテールの形状と特徴

グラブ系のワームのテールには継のようなものがあります。

シャッドテール

シャッドテールというのは、小魚が泳ぐときの動き方をモデルにして作られたワームで、尻尾が独特の形をしています。泳がせるとテールが水の抵抗を受けて左右に小刻みに振れ、小魚の泳ぎを再現します。

カーリーテール

ワームカーリーテール

カーリーテールは、薄くて平べったい尻尾がカールしている形状のものです。泳がせるとテールがヒラヒラと動き、強烈にアピールします。

ピンテール

ワームピンテール

ピンテールは、尻尾が細く真っ直ぐになっています。泳がせると尻尾が微細に震える特徴があります。アジングやメバリングでは定番のルアーとして使われています。

パドルテール

ワームパドルテール

パドルテールは、尻尾がボートを漕ぐオールのような形状をしているワームです。泳がせて尻尾が見時の抵抗を受けると、フワフワとした動きをします。

ワームの大きさ

アジ&ヒラメワーム

ジグヘッドと呼ばれるオモリとフックが一体になったものと、ワームを組み合わせたルアーは、いろいろな魚種を狙うルアー釣りで使用されます。アジングやメバリングで使うワームの大きさは、1.5~2.4in(インチ)程度のものですが、ヒラメやマゴチを狙うときにオールマイティに使えるとして4~5in程度のワームが定番になっています。

ワームの特徴には、形状や大きさの他にも匂いや味などの特徴があります。匂いや味はフォーミュラーと呼ばれる集魚剤が使われていて、魚がワームをエサと思って食いつきやすくる働きをするといわれています。

ハードルアーの種類

ハードルアー

比較的に柔らかい素材で作られるソフトルアーに比べて、硬いプラスチック樹脂や金属で作られているのがハードルアーです。ハードルアーもまた其の特徴からいくつかの種類に分けることができます。

トップウォーター

水中に潜ることがなく、水面や水面直下でいろいろなアクションをして魚を誘うルアーです。魚がルアーに食いつく瞬間を直接見ることができるので、その迫力は口では表せないものがあります。朝夕のマズメ時やベイトフィッシュに興奮して海面にナブラが湧いているときなどに効果的なルアーで、初心者の人も簡単に始めることができます。

ポッパー

チニングポッパー

先端部がカップ状にくぼんでいて、ロッドを操作することでカポッカポッというようなポップ音とともに水飛沫をはじき出して魚にアピールします。メバルやメッキなどを狙うときに効果を発揮しますが、最近ではチヌをルアーで狙うチニングで釣果をだしている人も多いようです。

ペンシルベイト

ポーッパーとともにトップウォーターの定番がペンシルベイト。小魚に似せて作られた真っ直ぐなボディをしていて、トップウィターとして使用するのはフローティングタイプのものになります。リトリーブしながらトゥイッチなどのロッド操作で、水面を逃げ惑うベイトフィッシュのように首を振りながら泳いでアピールします。

シンキングペンシル

シンキングペンシル

シンキングペンシルはペンシルベイトの種類で、真っ直ぐなボディでゆっくりと沈むルアーです。抵抗が小さい形状に加え比重もあるので遠投性にも優れています。リトリーブやロッドアクションで小魚が泳ぐようなアクションやさまざまなアクションをさせることが可能です。攻めるレンジまでゆっくりと沈ませることができるので、上層からボトム付近まで幅広く探ることができます。

ミノー

細長い小魚のような形状をしたルアーで、リップが付いているものとリップのないものがあります。

その比重によって、

  • F:フローティングタイプ
  • SP:サスペンドタイプ
  • S:シンキングタイプ

の3つのタイプがあります。
リトリーブすることでベイトが泳ぐようなアクション、ロッド操作を加えることでさまざまなアクションをしてターゲットの捕食本能を刺激します。

リップ付きミノー

リップ付きミノー

リトリーブやロッド操作をすると、リップと頭部に水圧を受けることでアクションをします。リプの大きさや角度によってアクションの大きさなどが異なり、さまざまなタイプのものがあります。基本的な操作はリトリーブですが、トゥイッチやジャークなども有効です。

リップレスミノー

リップレスミノー

リップが付いていないタイプをリップレスミノーと呼びます。リップが付いていない分頭部に角度が付けられていて、水の抵抗によってリップのような効果を得ることができ、アクションをしてくれます。リップがない分キャスト時の空気抵抗が小さく、遠投性に有利という特徴があります。

シャッド

シャッド

ミノーと同じように小魚に似せた形をしたルアーで、先端に長く伸びたリップが付いています。小魚が泳ぐようなアクションとともに急速潜航するルアーで、リップの形状や長さによって潜る深さや速さが設定されています。

  • SR:シャローレンジ
  • MR:ミディアムレンジ
  • DR:ディープレンジ

の3つのタイプの専攻速度に大別されています。
頭を下げた状態のままで泳ぐので、海底のエサを捕食している小魚を演出するほか、トゥイッチあジャークなどのロッドワークを混ぜることで狙う魚に大きくアピールします。

バイブレーション

バイブレーション

バイブレーションは、ショックリーダーと接続するためのラインアイが、頭部後ろから背中にかけてついているのが特徴です。リトリーブするとボディが小刻みに振動しながら泳いでターゲットにアピールします。

基本的には、

  • S:シンキング
  • SP:サスペンド

の2種類があり、中層からボトム付近を攻めるのに適しているルアーです。ルアーのアピール力は大きな物があり、リトリーブの速さでアクション強弱が違ってきます。リトリーブのほかにも、リフト&フォールやストップ&ゴーのなどのアクションで誘うことができます。

メタルバブレーション

メタルバイブレーション

ボディが金属の板でできているバイブレーションが鉄板バイブとも呼ばれるメタルバイブレーションです。ボディが薄く抵抗が小さいうえ、比重の大きい金属で作られているため、ロングキャストすることができます。また形状から見て水の抵抗も小さいので、フォールスピードが速いという特徴があります。ル基本的なアーアクションは、バイブレーションと同じになります。

メタルジグ

ダイワ メタルジグ ルアー プリズナー CV 7.5g イワシ

メタルジグは、鉛やタングステンという比重の多き金属で作られていて、その形状は棒のような形状をしたルアーです。

重心の位置の違いによって、

  • フロント重心
  • センター重心
  • リア重心

の3つのタイプに別れていて、遠投性能やフォール姿勢などが違います。堤防ルアー釣りなどショアジギングでは飛距離が釣果に影響することから、センター重心やリア重心メタルジグが主流です。

スプーン

スプーン

スプーンは川や渓流でトラウトをターゲとにしたルアー釣りでよく使われるルアーです。しかし現在はソルト用のスプーンも販売されていて、他のルアーに比べると遠投性は落ちますが、リトリーブしたときのアピールは強烈なものがあります。ただ巻きだけでなく、リフト&フォールなどのアクションも効果的です。

エギ

エギ

エギは日本古来から受け継がれてきた、イカを狙う専用のルアーです。ほとんどエギはエビに似せたフォルムのボディをしていて尻にカンナと呼ばれる返しが付いていない針がついています。エギを海中で泳がせて、イカが捕食のために抱きついたらアワセを入れて抱きついたイカにカンナを掛けます。基本的にはキャストして着底したら、シャクリを入れてエビが跳ね上がるようなアクションをさせイカにアピールします。シャクったあとにゆっくりとフォールさせるときにイカに抱きつかせることを意識して釣りをします。シャクリ方でエギにアクションさせたり、フォル時の姿勢を変えることでイカに誘いをかけます。

ルアー釣りのポイント

メバリング堤防・漁港ポイント

ここでは、それぞれの魚種ごとのポイントについて紹介しておきましょう。

アジングのポイント

  • 海底の地形に変化があるところ
  • エサになるベイト(小魚)がいるところ
  • 堤防の突先など潮通しの良いところ
  • 障害物があるところ
  • スロープ
  • 係留船周り
  • 常夜灯の周り
  • テトラポッドの周りなど隠れる場所があるところ
  • 岸壁沿い

などになります。

アジングのポイントについてはこちらを御覧ください。

メバリングのポイント

  • 常夜灯の周り
  • 岸壁の際
  • 係留船の周りや下
  • 流入河川の河口
  • 沈み根や海藻が生えている周り
  • テトラ(消波ブロック)の際
  • 潮通しの良いところ

メバリングのポイントになります。

詳しくはこちらのページを御覧ください。

シーバスルアー釣りのポイント

  • 堤防や港
  • 河川の護岸
  • 河口
  • サーフ
  • 磯場
  • 干潟
  • ボート釣り

シーバスは堤防周りだけでなくこのようなポイントで狙うことができます。

詳しくはこちらを御覧ください。

まとめ

ここまで、初心者が堤防ルアー釣りを楽しむための基本について解説しました。

これから堤防ルアー釣りを楽しみたいと思っている人に、おすすめするタックルは、軽量で扱いやすいエギングタックルです。

エギングタックルを用意するだけで、アオリイカだけでなく、アジやメバルを狙った釣りから、青物を狙う釣りまでさまざまな魚をターゲットにした釣りを楽しむことができます。

釣り場の状況から、どんな小魚をベイトにしているかなどを観察して、使用するルアーのタイプやカラーを決めたり、どんなルアーアクションを加えたら良いのかなどを考えたりするのも楽しいものです。

ルアー釣りにはエサ釣りと違った楽しみがあるので、ぜひルアー釣りに挑戦してみてください。

先日、いつも釣りをしているすぐ近くの砂浜で、毎日のようにキス釣りをしている老夫婦のお父さんがキス釣りをしていて45cmくらいのチヌを釣り上げたといっていました。

そのお母さんが私に「釣りをやったことがない人に釣りの楽しみは解んないよね。」といっていましたが、本当のその通りと思いました。

釣りには、やった人にしかわからない楽しみがあります。

恵比寿様ぜひあなたも釣りをしてその楽しみを実感して見てください。

こちらの記事も人気になっていますので、ぜひご覧ください。

***釣り好きのあなたに釣り専用VODサービスの紹介!***

釣りが大好きなあなたへ朗報です!

好きなジャンルの釣り番組をあなたのスマホで見ることができるようになりました。

詳しくはこちらのページを御覧ください。