エギング入門!基本タックルから釣り場やポイントまで徹底解説します

エギング 入門

今や男性だけでなく女性の人にも人気が高いエギング。
でも、エギングを初めたばかりの人やこれからエギングをやってみたいと思っている人にとっては、「エギングって難しそう?!」と思っている人が多いのではないでしょうか。

ここでは、「エギング入門」と題して、必要な基本タックルから釣り場やポイントまでを初めての人でも解りやすく解説します。

エギング入門前の前に知っておくべきこと

この動画では、エギング入門に必要なタックルやエギの紹介からエギングの釣り方まで見ることができます。

エギング入門をする前に、まずエギングについて簡単に解説しておきましょう。

エギングは、日本古来からある漁具の「餌木」を改良進化させたルアー(エギ)を使って、おもにアオリイカを狙う釣りです。
タックルエギだけの簡単な仕掛けで、ショア(岸)からでも手軽に楽しむことができる釣りです。

エギングでは、釣りをする時期のアオリイカの大きさや釣り場の状況などによって、エギの大きさや誘い方を変えて攻めることが必要になります。
そんな奥の深い釣りのエギングは、アオリイカがとても美味しいことなども加わって、老若男女を問わず人気の釣りになっています。

エギングで狙えるイカ

一般的にエギングで狙う人気のイカはアオリイカですが、ほかにも船釣りなどで狙うこともできるものもあります。

エギングで狙えるのは、

  • アオリイカ
  • ヤリイカ
  • スルメイカ
  • ケンサキイカ
  • コウイカ
  • ヒイカ

などのイカがいますが、やはりになっているのはアオリイカです。

アオリイカは、北海道以南の海岸に広く分布していて、多きものでは胴の長さが50cm、重さが5kgを超えるものもいます。
食べるととても美味しく、高級イカとして重宝されます。

エギングの時期(シーズン)

エギングは一年を通して楽しむことができますが、ベストシーズンです。
アオリイカ年魚と呼ばれる仲間で、産卵を終えると1年で寿命が尽きて死んでしまいます。

エギングのシーズン

上の図のように、

  • 春:3~6月頃は、産卵をひかえた親イカを狙えるシーズンです。
  • 夏:7~8月頃は、産卵を終えた親イカが死滅することと、生まれたばかりの子イカは小さいため、夏場はオフシーズンです。
  • 秋:9~10月頃は、夏場に生まれた子イカが成長する時期で、9月末頃から10月に入るとそれなりに成長したものが多くなり、エギングのベストシーズンになります。
  • 冬:11~2月頃のアオリイカは、水温の安定した沖の深場に下がりますが、水温が15℃をキープできるようなところにはアオリイカが残っていることもあります。それでも水温が下がる1~2月は釣るのは難しい時期になります。

※地域によってはベストシーズンが異なるので、地元の釣具屋さんなどの情報をチェックしてください。

アオリイカが釣れる時間帯

アオリイカが釣れる時間帯はほかの魚と同じで、朝夕のマズメが最も釣れやすい時間帯です。
朝、夕のマズメ時はアオリイカの捕食行動が活発で、中層や表層まで浮いてくることもあります。

アオリイカ夜行性といわれていて、夜釣でも狙うことができます。
しかし、アオリイカは月明かりを頼りに行動するとも言われ、常夜灯などの灯りが無いところでは月の灯りが重要になります。
夜のエギングを楽しむときは、月齢のチェックは欠かせません。

日中のアオリイカは活性が低く、海底の障害物付近でじっとしていることが多くなります。
なのでアオリイカが居付きそうな障害物の周りを丹念に探ることが大切になります。
秋のシーズンの小イカは、食欲旺盛で警戒心も薄く活発にエギを追ってくるので、日中でも十分に楽しむことができます。

時合(魚が良く釣れる時間帯)についてはこちらを御覧ください。

エギング入門:最適なタックル

エギング入門に必要なタックルは、ロッドリールラインです。
それぞれの基本的なことについて説明していきましょう。

エギングロッド

エギングロッド

エギングロッドの解説とおすすめのエギングロッドはこちらページで紹介しています。

エギングリール

エギングリール

エギングで使用するリールはスピニングリールで、ロッドのスペックに合ったものを使う必要があります。
なので、特別にエギング専用といったリールはありません。

エギングリールの解説とおすすめのエギングリールはこちらページで紹介しています。

エギングラインとショックリーダーライン

エギングライン

エギングライン

 

エギングのタックルでロッドやリールとともに大事なのがラインです。
ラインによってエギングの釣果に差がでるといってもいいでしょう。
始めは、高価なものでなくてもエギングに適しているラインを選ぶようにしましょう。

エギングショックリーダー

エギングショックリーダー

ショックリーダーというのは、メインラインの先に結束して使う釣り糸のことで、根ずれや魚の歯でラインが切れるのを防ぐことと、エギを遠投するときや大型のイカが掛かったときのショックを和らげる働きをするものです。

エギングラインの解説とおすすめのエギングラインはこちらページで紹介しています。

エギングラインとショックリーダーの結束方法

エギングでラインとショックリーダーの結束はさまざまな方法があります。
初心者の人には、比較的簡単に結ぶことができるSCノットSFノットがおすすめですが、ライン結束に慣れてきたらFGノットで結ぶようにしてください。

ラインとショックリーダーラインの結び方についてはこちらを参考にして下さい。

エギについて

エギングエギ

エギの種類はたくさんあってどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
ここからは、エギングでアオリイカを狙うときのエギついて紹介していきましょう。

エギについての解説とおすすめのエギについてはこちらのページで紹介していますのでご覧になってみて下さい。

エギング入門:釣り場とポイント選び

エギング入門する上で釣り場を理解することも重要です。
堤防、サーフ、磯場それぞれの釣り場について解説していきましょう。

堤防・防波堤

村上市馬下漁港

漁港などの堤防・防波堤は、手軽にエギングが楽しめる代表的な釣り場です。
堤防や防波堤周りにはアオリイカのエサになる小魚が集まりやすく、それを狙うアオリイカが接岸してきます。
春と秋のシーズンにはたくさんのアングラーで賑やかになります。

サーフ(砂浜)

シーバスサーフ府屋浜海岸

サーフは、ベイト(エサになる小魚)がたくさん生息しています。
サーフは、アオリイカへのプレッシャーが少ないため警戒心も低く、エギが着水するとすぐに抱きついてくるなどといったこともあります。
また、根がかりしにくいので、思い切ってボトム付近まで攻めることができるのがサーフでのエギングの魅力です。

磯場

エギング釣り場 磯

磯場もアオリイカの一級ポイントです。
春に産卵をひかえた大きな親イカは、産卵のため磯の藻場に接岸します。
また、秋の子イカもエサのベイトが豊富な磯場に集まることが多くなります。
しかし、磯場は堤防やサーフに比べると足場が悪いことや危険なところがあるので、エギングを楽しむアングラーは少ない釣り場でもありますが釣行には注意が必要です。

ポイント選び

エギングで釣果をあげるためにはポイント選びが重要です。
ここからはエギング釣り場のポイント選びについて解説していきましょう。

エギングの釣り場は、堤防、サーフ、磯場などですが、どの釣り場においてもアオリイカを狙うポイントは同じです。

潮通し

エギング釣り場ポイント 潮通し

アオリイカを狙うには、潮通しの良いところを選びましょう。
潮通しの良い場所は、海中の酸素量も豊富で、エサになる小魚も集まりやすいところです。
そのため、アオリイカも集まって来やすいポイントになります。

藻場

エギング釣り場ポイント 藻場

アオリイカは、沿岸部の藻場がある付近に生息していることが多く、アオリイカをモイカと呼ぶ地域もあります。
藻場はアオリイカの産卵場所なだけでなく、餌場や隠れる場所になったりして、アオリイカにとっては絶好の住処です。
藻場は、アオリイカを狙うエギングの絶好のポイントになります。

ストラクチャー(障害物)

エギングポイントストラクチャー 消波ブロックの際

堤防周りの消波ブロックやサーフ、沈み根などのストラクチャー(障害物)周りは、エサになる小魚はもちろん、アオリイカ自体が隠れるところも豊富なので、アオリイカた集まりやすいポイントです。
ただ、根がかりすることが多くなるため注意が必要なポイントでもあります。

ベイトフィッシュ

エギングポイント フィッシュベイト

エギングのポイントとして、ベイトフィッシュが集まるということは絶対条件です。
前述のポイントにおいてもベイトが集まりやすい条件を満たすことで、エギングで釣果をあげられるポイントになるのです。
しかし、ベイトが多く集まるポイントは、シーバスなど大型のベイトフィッシュも集まりやすく、逆にアオリイカが狙われて隠れてしまうこともあります。

エギングポイント選び 風対策

エギングで使用するエギの重さは10~25gとそれほど重くないため、風の影響を受けやすい釣りと言えます。
風が強いと狙うポイントに上手くキャストできないだけでなく、エギの操作やアタリがとれないなどといったことがでてきます。
風があるときのポイント選びは風向きを考えて、できるだけ横風にならないよう、できればキャストする方向に向かう風向きがベストです。

エギング入門:まとめ

ここまで、「エギング入門」と題して、必要な基本タックルから釣り場やポイントまでを初めての人でも解りやすく解説しました。

エギングでは、ポイントの見極めが釣果に大きく影響を与えます。

釣具屋さんやインターネットで釣果情報などを調べておくことをおすすめします。

エギングの釣り方においては、シャクリ方とともにフォールもいろいろ組み合わせて状況にあったアクションを探り出して釣果を上げるようしてください。

恵比寿様食べてもおいしいアオリイカのゲットを目指してエギンを頑張ってください。

エギングロッドについてはこちらのページを御覧ください。

エギングリールについてはこちらのページを御覧ください。

 

 

***釣り好きのあなたに釣り専用VODサービスの紹介!***

釣りが大好きなあなたへ朗報です!

好きなジャンルの釣り番組をあなたのスマホで見ることができるようになりました。

詳しくはこちらのページを御覧ください。