マゴチをルアーで釣る!サーフからマゴチを釣るためのルアーおすすめ20選!

メタルバイブマゴチ

サーフルアーフィッシングのメインターゲットはヒラメという人が多いかもしれませんが、ヒラメと並んで人気のターゲットがマゴチです。

今回は、「マゴチをルアーで釣る!」と題してサーフからマゴチを釣るためのルアーおすすめ20選と釣り方を紹介します。

これを読んでマゴチを釣って美味しく食べてください。

マゴチについて

マゴチという魚を知っていますか?
マゴチは、スパーの魚売り場や街の魚屋さんでは、なかなか見かけることのできない魚です。

ヒラメやカレイのように海底が砂地のところに棲んでいて、フラットフィッシュ(平べったい魚)と呼ばれます。
マゴチの捕食行動は、砂泥の中に身を潜めて目の上を通るベイトフィッシュ(エサになる小魚)や甲殻類が通るのを待っていて、エサが通ると捕まえて食べます。
また、生きているものだけでなく、死んでいる魚なども捕食するといわれて居ます。
性格は獰猛(どうもう)で貪欲にエサを食べますが、小魚などを活発に追いかけることはないようです。

マゴチは、海底が砂地の場所なら、水深が数mしかない浅場から水深が50mもある深いところまで生息しています。
メゴチが大きくなるとマゴチになると思っている人もいるようですが、マゴチをメゴチは種類が違う魚です。
船でシロギス釣りをしていると良くメゴチが釣れたりします。
また、掛ったキスやメゴチにマゴチが食いついてくることもあります。

マゴチはクセのない白身の魚で、刺し身や唐揚げなどにして食べるととても美味しいです。
私はサシミをとったガラを豆腐やネギなどと一緒に味噌汁にしていただきます。
美味しいですよ。

マゴチをルアーで釣る

マゴチルアー釣り2

マゴチは海底が砂地のところに棲んでいて、目の上をエサが通るのを待っていると紹介しましたが、マゴチを釣るにはどんな場所がポイントになるのか解説しましょう。

海底が砂地であれば、漁港や堤防、サーフといった釣りができる場所で釣ることができます。
マゴチはキスが釣れるような場所で釣れるといわれていて、キスがいるところと同じような場所がポイントになります。

釣れる時期

日本海府屋海岸夕マズメ

マゴチが釣れる時期は6~10月の暑い時期です。
特に6月はマゴチの産卵期になり、抱卵が済んだ個体がよく釣れます。
またこの時期は、大型のマゴチが荒食いをするので、初心者の人でも釣りやすいです。

7月~10月にかけても食欲が衰えることはなく、岸からのルアー釣りでも十分に狙うことができます。
マゴチは、太陽の照りつける日中でも釣れることから照りゴチと呼ばれることもある夏がシーズンの魚です。
と入っても、釣りをするときに定番の朝マズメと夕マズメは絶好の時合で狙い目の時間帯になります。

釣り方

マゴチルアー釣り3

マゴチをルアーで釣る方法といっても、マゴチが砂地に見を隠してエサを待っている上にルアーを泳がせるだけです。
でも、ただルアーを泳がせるだけで簡単にマゴチが釣れるわけではありません。

先に書いたようにマゴチは積極的にルアーを追わないので、マゴチが食いつきやすいようにルアーを泳がせる必要があります。
あと、マゴチがいるところから離れたところをルアーが通っても反応しないので、マゴチが居そうなポイントを丁寧に探ることが釣果に繋がります。

おすすめのルアーアクション

マゴチルアー釣りイラスト

マゴチをルアーで釣る基本としては、ボトムから50cm以内のレンジにルアーを泳がせるということが重要になります。
もう一つ大事なことが、ルアーをゆっくり泳がせるということです。

ルアーが着底したら、タダ巻きでルアーを泳がせても釣れますが、確実に食いつかせるために食いつく間を与えると効果的です。
おすすめするルアーアクションは、ストップ・アンド・ゴーです。
リトリーブで泳いでいるルアーに気がついたマゴチに、一瞬ルアーを止めて食いつく間を与えてやるのです。

具体的には、リールのハンドルを2~3回転巻いては、1~2カウント止めるという感じです。
ボトムから50cm以内のレンジを泳がせるためには、4~5回に1度はルアーを着底させてレンジを確認するのが良いでしょう。

ほとんどの場合は、止めたあと巻き始めたときにバイトしてきます。
また、シロギスは危険を感じると砂に潜ろうとする習性があるので、その修正に似せて少しの間ルアーをボトムにステイさせるのも効果的なこともあります。

マゴチを釣るためのルアー

ここからは、マゴチを釣るためのルアーについて紹介していきましょう。

マゴチを釣るためのルアーの条件

サーフでマゴチを釣るためのルアーの条件は重いということで、自重が25~40gくらいあるルアーが必要になります。

サーフでマゴチを狙うためには遠投できることが必須です。
多少の風があっても、狙ったポイントまで飛ばせることが釣果を上げるうえで欠かせません。
また、波の影響を受けにくいということも大事で、ボトムまでしっかり沈むことが重要です。

マゴチを狙うのに適しているルアーは、ジグヘッドとワームを組み合わせたソフトルアーやシンキングミノー、メタルジグ、メタルバイブなどのハードルアーも有効なルアーになります。

ちなみに、私がメインに使っているルアーは鉄板メタルバイブです。
鉄板メタルバイブは、リトリーブするだけでその強烈にボディを震わせマゴチにアピールしてくれるので、余計なことは考えずにアタリに集中することができます。
もちろん、メタルジグやソフトルアーも使いますが、メタルバイブはパイロット的な役割として最適なルアーだと思います。

現実的には、そのときマゴチが捕食しているベイトに近いルアーが最適になります。

マゴチルアー釣り|ジグヘッド&ワーム

おすすめのジグヘッド

ジャングルジム スリーパーマッチョDX

ジャングルジム スリーパーマッチョDX

スリーパーマッチョをさらに進化させ、ショアはもちろん、オフショア アングラーの要望にも応えるウェイトでターゲットの幅が広がる。
ヘッド下部にはアイを設置し、トレブルフックやブレードも装備可能。
大型ロックフィッシュからフラットフィッシュまで対応。

ボタン

Amazonボタン


バディーワークス 45HEAD

バディーワークス 45HEAD

ボトムで立つ!(45度姿勢)
違和感の無いボトム姿勢で、マゴチ・ヒラメに見切らせない。

ボタン

Amazonボタン

おすすめの専用ワームと合わせて設計されたジグヘッド+ワーム

デュオ ビーチウォーカー ハウル

デュオ ビーチウォーカー ハウル

マゴチ・ヒラメゲームの必須アイテムとなったビーチウォーカーハウル。
特にマゴチ・ヒラメビギナーのエントリーモデルとして絶大な支持を集め、発売以来多くの実績を重ねています。
そんなハウルの唯一の欠点が、使用前にワームとフックをセットしなければならないこと。
初めてルアーを使うビギナーにとってフックセットが難儀であることは間違いありません。
ヘッドとシャッドを組み合わせフックもセット。
シャッドはヘッドに合わせた最適カラーをチョイスいたしました。

ボタン

Amazonボタン


シマノ 熱砂 メタルドライブ

シマノ 熱砂 メタルドライブ

キャスティング時にワームがボディから離れて空気抵抗を低減、今までワームが到達できなかったポイントにルアーを到達させる目的で開発した新構造です。
また、リトリーブ時にはワームが泳ぎ位置へ簡単に戻り、メタルボディのタイトなフラッシングとワームのワイドなアクションでヒラメに強くアピールします。

ボタン

Amazonボタン

おすすめのワーム

エコギア パワーシャッド

エコギア パワーシャッド

ノーシンカーから1~2ozのヘビーウエイト・ジグヘッドまで、オールラウンドに使用できる設計です。
ターゲットへ強烈にアピールするボディウォブリングが「パワーシャッド」最大の特長。

ボタン

Amazonボタン


エコギア パワーダートミノー

エコギア パワーダートミノー

フィッシュイーターに効果的なダートアクション。
キレのあるダート性能を細身な小魚シルエットで実現したのが「パワーダートミノー」。
独特なボディ形状が生み出す激しいダートと、常に細かく震えるテールのバイブレーションによって、リアクション+ナチュラルでターゲットにアピール。
また細身ボディは失速しにくいロングキャストを可能にし、より遠くのポイントを狙えます。

ボタン

Amazonボタン


バディーワークス フラッググラブ

バディーワークス フラッググラブ

ワイドなグラブテールが演出するダイナミックなアクションで、ターゲットを惑わすスタンダードグラブ。
アピール力と飛距離から計算されたボディーボリュームと、ワイドなグラブテールが演出するダイナミックなアクションでターゲットを惑わすスタンダードグラブ。
超スローからファストまであらゆるスピードに対応するテールアクションは見切られる瞬間を作らない。動きは大きいが波動が小さい為、視覚的効果で魚にアピール。

ボタン

Amazonボタン


バディーワークス フラッグシャッド

バディーワークス フラッグシャッド

アクションスリットが生み出す異次元の「ハイレスポンス」

ボタン

Amazonボタン


AGUA(アグア) ワーム タダマカナイト 

AGUA(アグア) ワーム タダマカナイト #203 デリシャスキス.

様々なベイトフィッシュパターンで圧倒的な効果を発揮するフラッターベイツ初のシャッドタイプワーム「タダマキング」「タダマクイーン」に続き、その超微細動を引き継いだ最大サイズ110mmの「タダマカナイト」が登場!
このワームの開発コンセプトはずばり「ビッグフィッシュを獲る!」。
そのシンプルなフォルムからは想像出来ないほどの超微細動をただ巻くだけで発生させるこのシリーズ。 

ボタン

Amazonボタン

マゴチルア釣り|ハードルアー

おすすめのシンキングミノー

シマノ ルアー シンキングミノー 熱砂 ヒラメミノーIII 125S AR-C 125mm 25g 

シマノ(SHIMANO) 熱砂 ヒラメミノーIII125S AR-C 125mm 36T アカキングラデーション OM-225M

飛距離19%向上で、より広範囲を探るパイロットミノーに!
各地から多くの釣果報告を頂き、ヒラメスペシャルで培ったヒラメを寄せるアクション、喰わせのレンジなどの基本のノウハウを熟成させることが出来ました。
アクションはワイドなウォブロールで、広範囲に光を拡散させつつ、高い浮力を活かして強い水押しを狙ったファットボディ設計です。

ボタン

Amazonボタン


デュオ(DUO) ビーチウォーカー(BEACH WALKER) ファルクラム 95S DQA0279 ツレギスGB 

デュオ(DUO) ビーチウォーカー(BEACH WALKER) ファルクラム 95S DQA0279 ツレギスGB

振り切れが良くブッ飛びのウエイトセッティングに、リップは水絡みに優れるベベルドリップを採用。
高いレンジキープ力と心地よい引き抵抗を備えます。
アクションは、食い気に刺激を与える、強いローリング+ときどきヒラ打ちイレギュラー。
強いアクションが活性の高いマゴチ・ヒラメをいち早くサーチするのはもちろん、
飛距離と沈みの早さを生かしての離岸流攻略、瀬の裏側や急深サーフ、ブレイクライン狙いに活躍。
波浪や向かい風等のラフコンディションにも対応します。

ボタン

Amazonボタン


エフリード 90S

エフリード 90S

ボタン

Amazonボタン

おすすめのメタルジグ

メタルジグというと青物を狙ったジギングのためのルアーというイメージが強いですが、メタルジグでマゴチやヒラメを釣ることもできます。

DUO(デュオ) ビーチウォーカー フリッパー ピンクゴールドOB

DUO(デュオ) ビーチウォーカー フリッパー ピンクゴールドOB

プラグ並みのアピール力、よりスローなリトリーブ!
従来のフリッパー40gよりサイズアップし、程よいサイズ感になって新登場。
求めたのは、従来のジグでは達成できなかったプラグ並みのアピール力の確保と、よりスローなリトリーブ速度。
ボディ素材に亜鉛を使用することで、表面積の拡大とそれに伴うアクションの増大を実現しました。
また比重の低さ(軽さ)ゆえに沈み込まず、より遅いスローリトリーブにも対応。
シンキングペンシルと遜色ない性能を実現しました。自重は重すぎず、軽すぎない36g。しっかり振り切って遠投できる自重です。

ボタン

Amazonボタン


メジャークラフト ジグパラ スロー 30g #07 ゼブラグロー JPSLOW-30

メジャークラフト ジグパラ スロー 30g #07 ゼブラグロー JPSLOW-30

アクション:ノーマルJPSより更に細かいピッチ。フォールは木の葉タイプ
フック:こだわりゲイプで刺さり抜群のオリジナルフック
塗装:好評の5層高強度塗装を採用。根やテトラの入った場所でも遠慮要らずでフルキャスト!
ジグパラキャスティングモデル、ショートの「スローバージョン」登場!
大人気の「ジグパラ」シリーズに、話題の「ショアスロージギング」専用モデルが登場!
フロントにはツインアシスト、リアにはシングルアシストの合計3フック仕様で今回も納得プライス設定。
近年加熱の予感が漂っているスロー系シルエット、ノーマルと違い重心をややリア気味にしているため、抜群に飛行姿勢が安定するという大きな付加価値も。
想像以上の飛距離をたたき出します。

ボタン

Amazonボタン


JACKALL(ジャッカル) メタルジグ カットバッカー 77mm 28g ヒラメキャンディー

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ カットバッカー 77mm 28g ヒラメキャンディー

ただ巻きでスローに誘えるメタルジグ!
カットバッカーは、軽比重金属をボディに採用することでアクションレスポンスを飛躍的に高めたメタルジグです。
「ゆっくりと巻く」「竿を持ち上げて落とす」といった簡単な動作でルアー性能を十分に引き出すことができます。
ヒラメ、マゴチ、根魚、青物。 岸から狙えるあらゆるターゲットに有効です。

ボタン

Amazonボタン

おすすめのメタルバイブ

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70ES R-16 イワシ

Bassday(バスデイ) レンジバイブ 70ES R-16 イワシ

  • カラー:R-16 イワシ
  • アクション:ナチュラルバイブレーション
  • サイズ:70mm
  • ウエイト:15.0g
  • フック:#8
  • リング:#2

ボタン

Amazonボタン


タックルハウス(TackleHouse) ミノー バイブレーション R.D.C ローリングベイト 88mm 15g PHイワシ #08 RB88SSS ルアー

タックルハウス(TackleHouse) ミノー バイブレーション R.D.C ローリングベイト 88mm 15g PHイワシ #08 RB88SSS ルアー

ジグ並の飛距離で、ローリングアクション。
小さなボディはしっかり重く、飛距離はジグ並。
背中のリップとタイイングアイで、これまでのジグミノーに比べてしっかりと泳ぎ、ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。
ショアからのシーバスはもとより、ボートゲームの青物にも最適です。

ボタン

Amazonボタン

おすすめの鉄板メタルバイブ

コアマン(COREMAN) IP-13アイアンプレート 13g #001 マコイワシ

コアマン(COREMAN) IP-13アイアンプレート 13g #001 マコイワシ

鉄板メタルバイブレーションの決定版!
メタルジグをも凌駕することができる圧倒的な飛距離で、広範囲をスピーディーにサーチすることが可能です。波動の強いバイブレーションアクションで、シーバスを確実に寄せます。
遠くまでしっかりとルアーの存在を示すことができます。
鉄板部の激しい反射でリアクションバイトを誘発させ、強制的に食わせのスイッチを入れることができます。
長時間のリトリーブでも疲れない、絶妙な引き抵抗感。
刺さりの良さと輝きの持続を実感できる、スペシャルフックが標準装着です。

ボタン

Amazonボタン


冷音(レイン)邪道

冷音(レイン) 邪道

トラブル減のダーティングマスター。
ただ巻きのバイブレーションは当たり前。
邪道として試行錯誤のうえ、たどり着いた答えがトラブル減のダーティングマスター「冷音(レイン)」。

ボタン

Amazonボタン


BlueBlue(ブルーブルー) TRACY(トレイシー) 25g #14 SGO

BlueBlue(ブルーブルー) TRACY(トレイシー) 25g #14 SGO

鉄板バイブの「釣れる」という性能を極限まで高め、アングラーにとっての使いやすさを徹底的に追求しました。
ストレスの無い軽快な引き心地。
フォール時の糸絡みがほとんどない。
リトリーブ中の水平姿勢をきっちりキープ。
テンションフォール時でも水平姿勢をキープ。
揚力低減設計により浮き上がらない。

ボタン

Amazonボタン

マゴチの釣れるポイント

小魚のいるサーフ

マゴチが釣れるポイントは、海底が砂地のサーフや河口付近堤防がある漁港などですが、一般的にそれらの場所の小魚が集まりやすいところになります。

ベイトが集まりやすい場所を具体的にいうと、沈み根周り、離岸流のあるところ、カケアガリ、河口、など、潮の流れや地形に変化のある場所です。
小魚はフィッシュイーターから身を守るために、岩や障害物の根周りなど身を隠す場所があるところに棲みついています。
また、体が小さいので遊泳力がなく、離岸流を利用して泳ぐためや酸素量が多いことから、小魚が離岸流付近に集まりやすくなります。

河口付近は、川から流れでる植物プランクトンや淡水と海水が混じり合うことで発生することでプランクトンが豊富なので、プランクトンをエサにする小魚が集まる場所です。

漁港もマゴチが釣れるポイントの1つです。
漁港内は外海に比べるとないが穏やかなために、小魚にとって住みやすいところになります。
また、波が荒れたときには、小魚にとっては身を守るために大切な場所になります。

このような、こざかなが集まりやすい場所は、マゴチにとってエサを捕食するには絶好の場所になります。
ということで、マゴチを狙うポイントになります。

マゴチだけでなく、ヒラメも狙えるポイントです。

まとめ

ここまで、マゴチをルアーで釣るための方法とおすすめのルアーを紹介しました。

マゴチは、エサとなる小魚を積極的には追わないので、マゴチをルアーで釣るには、狙うポイントを丁寧に探ることと、マゴチがルアーに食いつく間を作ることが重要になります。

マゴチを狙うルアーはたくさんありますが、1番のおすすめは、鉄板メタルバイブです。
ぜひ試してみてください。

げゴチを狙ったルアー釣りではヒラメも釣れることがありますが、これまた嬉しい外道ですよね。

恵比寿様時合が合えば、数尾釣れることもあるので病みつきになってしまいます。

マゴチ釣りにはこちらの記事も読んでください。

***釣り好きのあなたに釣り専用VODサービスの紹介!***

釣りが大好きなあなたへ朗報です!

好きなジャンルの釣り番組をあなたのスマホで見ることができるようになりました。

詳しくはこちらのページを御覧ください。