アジングデイゲームのコツ!昼のアジをルアーで攻略する方法を徹底解説

アジング デイゲーム 攻略法

アジングは主にナイトゲームがメインの釣りで、その他の時間帯では朝夕のマズメのや潮汐で魚が釣れやすい時合がアジがよく釣れる時間帯と言えます。

では、アジングデイゲームでは、アジは釣れないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
日中でもアジングでアジを釣ることはできます。

ここでは、アジングデイゲームのコツについて徹底的に解説していきます。

アジングデイゲーム攻略の参考にして下さい。

アジングについて

この動画では、メバリングデイゲーム攻略のためのいろいろなリグと釣り方について見ることができます。

アジングデイゲームを攻略するために、まずはアジングについて説明しておきましょう。

アジ釣りというと、エサ釣りやサビキ釣りが一般的ですが、最近ではルアーを使ってアジを釣るアジングが人気になっています。
アジングは、アジとの駆け引きなどのゲーム性が高いことやかったときのやり取りが楽しめる釣りで、主にオモリとフックが一体になっているジグヘッドワームを組み合わたジグ単と呼ばれるルアーを使います。もちろん、撒き餌などは使わないので、釣果をあげるためにはアジの習性を考えて釣らなければなりません。

ジグヘッドの重さや形状、ワームの形状やカラー、そしてアクションなどさまざまなことを駆使してアジに本物のエサだと思わせて、食わせることがポイントになります。

アジングのタックル

アジングを楽しむためには、アジング専用のタックル(ロッド、スピニングリール、ライン)が必要になります。
アジングタックルは、初心者向けの安価なものから上級者向けまで、さまざまなスペックのものが発売されています。

アジングを始めるためのタックルセットについてはこちらのページを御覧ください。

アジングのデイゲームとナイトゲームでは釣果が違う?

アジングデイゲーム&ナイトゲーム

アジングは、ナイトゲームがメインと書きましたが、実際にはそれほど差があるわけではありません。

基本的に、アジは昼行性の魚なので日中のほうが活発に行動しています。
では、なぜナイトゲームのほうが連れやすいと言われるのでしょうか?
それは、夜になるとアジがいるポイントがある程度、特定されるからです。

アジングの昼と夜のポイントの違い

アジがエサにしているベイト(エサになる小魚)やプランクトンは、地形が変化しているところや潮目あるところ、光の明暗に変化がある場所に集まりやすいです。

デイゲームのポイント

日中は周りが明るいので、光の明暗によるポイントはありません。

ということでアジングデイゲームのポイントは、ベイトやプランクトンが集まりやすい地形に変化があるところや潮目のある場所になります。

また日中は、比較的小型のアジは中層付近を回遊し、大きいものはボトム付近に潜んでいることが多くなります。

ナイトゲームのポイント

夜になると、アジのエサとなるプランクトンは明るいところに寄ってくるという習性があります。

そのためアジングナイトゲームのポイントは、常夜灯の周りということになります。
しかし、あまり明るすぎるところは嫌うということもあるようで、ある程度、明暗が入り混じっているようなところがポイントになります。

アジングデイゲームのコツ

漁港1

アジングデイゲームを攻略するためには次の3つのことをクリアすることが大事なコツになります。

  1. ポイントを探す
  2. リアクションで食わせる
  3. 沖や深場を探る

これらのことをクリアしなければなりません。

まずはじめにポイントを探すということから説明していきましょう。

アジングデイゲームのポイント

前項でも解説しましたが、夜の釣りでは常夜灯の周りなどを攻めるだけでアジを釣ることができます。
しかし、デイゲームの場合はそういうわけにはいきません。

ということで、アジングデイゲームではアジがいる場所を探すことが第一番に大事なことです。

アジは昼行性で、日中は強い日光を嫌って深いところにいることが多い魚です。
逆に、曇りや雨のときは行動するレンジ(水深)が上がります。

アジングデイゲームのポイントは、潮の流れや海底の形状などに変化のある場所。

潮目のあるところや海底がカケアガリになっているところ、堤防などの壁際漁船の際や下などがわかりやすいポイントです

リアクションで食わせる

アジングではアジをルアーに食いつかせるためのさまざまなルアーアクションがあります。

アジングでの基本的なルアーアクションについては、こちらを御覧ください。

ナイトゲームでのアジは、ゆっくりとしたルアーアクションに反応してきます。

しかしデイゲームではアジの視界もよく、ゆっくりしたアクションでは見切られてしまいます。
そのため、できるだけ早めのアクションで誘ってリアクションで食わせる釣り方が釣果を上げるコツになります

メタルジグを使ってルアーのアクションを速くするという方法もありますが、ジグ単を強く操作してルアーに速いアクションをさせる方法がおすすめです。

日中のアジは、ボトム付近にいることが多いので、ルアーをキャストしたら底まで沈めて、ボトム付近を強めのアクションで探っていくのが良いでしょう。
また、アタリがあってもフッキングしないようなときは、ダートアクションなど早めのアクションで誘うことも効果があります。

沖や深場を探る

堤防釣り

小型のアジは日中も近場にいることが多いですが、少し大きめのアジになると沖の深場に付くようになります。

そうなると、普段使っているジグヘッドでは届かなくなってしまいます。
そんなときに効果的な仕掛けが、スプリットリグキャロライナリグ、フロートリグと呼ばれる遠投用のリグです。

アジング遠投リグについてはこちらのぺーじで詳しく解説していますので参考にして下さい。

まとめ

ここまで、アジングデイゲームのコツについて解説しました。

アジングデイゲームでアジを釣るには、ポイントやルアーアクション、沖や深場など広範囲のポイントを探るという3つのことが重要になります。

いろいろな仕掛けを使い分けてアジングデイゲームを攻略しましょう。

恵比寿様

アジングルアーについてもっと知りたい人はこちらのページを御覧ください。

 

***釣り好きのあなたに釣り専用VODサービスの紹介!***

釣りが大好きなあなたへ朗報です!

好きなジャンルの釣り番組をあなたのスマホで見ることができるようになりました。

詳しくはこちらのページを御覧ください。